カーテン・コラム

一雨ごとに春めいて参りました。

 

私の鼻は、もう花粉でぐずぐずです。誰か、早く“花粉症”の特効薬を開発して下さい!

(副作用の無いやつをね!)

 

 

さて、今月3月のコラムはテーブルライナーやベッドスローのご紹介です。

 

*ベッドカバーやテーブルクロスまでは、よく耳にしますがベッドスローや

テーブルライナーって?という方もいらっしゃるかもしれません。聞いたことは

あっても実際ご自宅で使用されている方はさらに少ないかもしれませんね。

Bed Throwフットスロー&クッション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の写真:Bed Throwベットスロー(別名フットスロー)ベットカバーの上、足元部分に横に掛けられている

細長い帯のような布のこと。もともと室内でも靴を履いている欧米のライフスタイルにおいて

靴を履いたままベッドに寝転がってもよいように(ベッドカバーが汚れなくて済む。)掛けられている

ものです。

*ホテルにおいては、そうした実用的な目的のほか装飾的な意味合いや、ベッドメーキング完了の印として

かけられていることも多いようです。

*最近、住宅展示場の寝室の設えとしてよく見かけるようになりましたが、そのほとんどは装飾的な

意味合いでしょう。

 

テーブルランナー 例テーブルランナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の写真:テーブルランナー 主にダイニングテーブルの真ん中に敷いて端が垂れ下がるような長さで

設える布。テーブルクロスの上に敷くこともありますし、テーブルに向かい合って2枚敷いて

ブリッジランナーとしてご使用いただくこともできます。

 

*ダイニングテーブルに使用する場合は、その日の食事の内容に合わせて色・柄を変えてみるのも

おすすめです。テーブルの真ん中に敷いた布の上には、お花を生けた花瓶を置いたり調味料を効果的に

置くのもよいでしょう。また、夜にはキャンドルなどを置くのもオシャレですね。

 

 

*こういった平面的な布(ベッドスロー・テーブルランナー等)を用意する場合は、できるだけ“ハギ”を入れず

リバーシブルで作ると洗い替えをたくさん持たなくて済みますね。(表は無地で、裏は柄物とか・・・。)

 

*ご新築をされてカーテンやブラインドまでは取り付けされても・・・その先のファブリックアクセサリーまでは

なかなか踏み込めないものかもしれません。ただ、オシャレ度はグン!とアップすること間違いなしです。

 

例えば、寝室:ベットカバー・ベットスカート・ベットスロー・ベットヘッドカバー・クッション・抱き枕など

LD:ソファーカバー・定番の45cmクッション・ジャンボクッション・ボルスタークッション・

額に入れて飾るファブリックパネル、センターテーブルの上に置くセンタークロス・ひざ掛けなどに

使うアクセントランナー・テーブルクロス・ランチョンマット・テーブルランナー・シートクッション

などなど・・・。

 

布が大好きな方は、是非一度「カーサデコ」ショールームへお立ち寄りください。

思わぬ高価な“ハギレ”に出会えるかもしれませんよ!

 

 

早いもので・・・2019年も、もう1か月過ぎてしまいました。

受験シーズン真っ只中ですので、インフルエンザにはくれぐれも

気を付けてもう少し頑張りましょう。(受験生の皆さん!)

 

さて、今月2月のコラムは再び「ウィリアム・モリス」William Morrisのファブリックのご紹介です。

いまだに、モリスのファンは途切れることをしりません。

 

ちょっと、モリスの紹介

*1834年3月 イギリス-ロンドン郊外にて誕生

*1852年 オックスフォード大学に合格

*1859年 25歳で ジェイン・バーデンと結婚

*1861年 モリス・マーシャル・フォークナー商会設立。長女ジェニー誕生。

*1862年 次女メイ誕生。

 

*1875年 41歳で モリス単独の「モリス商会」を設立

これまで、多くの壁紙のデザインを手がける。

*1878年 ケルムスコット・ハウスへ転居

*1883年 人気柄「イチゴ泥棒」生地を登録・・・49歳

*1887年 53歳 壁紙「ウイローボウ」デザイン

*1896年 62歳 ケルムスコット・ハウスにて死去。

*2011年 モリス商会創立150周年を記念したアーカイブコレクションを発売。

Primrose&Columbine224483

これは、モリスが1865年ごろ初期の壁紙で使用した

2種類の花(サクラソウとオダマキ)のモチーフをタイルで表現。

 

 

 

 

 

 

 

 

Pimpernel224492これは、1876年モリスが壁紙としてデザインしたもので

ケルムスコット・ハウスのダイニングルームに貼られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tulip224459これは、1875年 モリスがデザインしたもので、

ゆらゆらと波打つ葉によって織りなされたジグザグ模様が

この頃のデザインに繰り返し取り入れられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*ウイリアム・モリスがもし、生きていれば今年で185歳・・・。

今もなお、飽きられずにモリスのデザインはお客様からリクエストを

いただくのは、たいへん稀なことだと思います。

*国内では「川島織物」さんがポリエステルにて、きめの細かなジャガードを

展開しています。やっぱり国内のジャガード生地は、カワシマさんがいいです。

 

カーサデコでは、ウイリアム・モリスに限らず世界の優れたカーテンファブリックスを

不定期にて輸入しご紹介してまいります。

ご来店をお待ちしております。(いつでも見れますが、ご来店の際は、ご予約いただけると

幸いです。)*たまに、張り紙して外出していることもありますので・・・。

 

 

 

 

 

 

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

今年の四月で「平成」の世も終わりますが、次の元号になりましても

大過なく“平和”な世を願いたいものです。

(ただ、自然災害に遭われた方々を思うと胸が痛いです。)

 

さて、新春1月のコラムは「ピッコロ ポンテ」piccolo Ponteバッグの小さな

仲間たちをご紹介したいと思います。

Piccolo Ponte スマホポシェットスマートフォンやカード類、ハンカチ程度しか入らない

ポシェットです。後ろにはポケットが付いていて

かわいく使えそうですかねぇ?

 

 

 

 

 

 

 

ピッコロ ポンテ がま口&ヴォーグポーチPiccolo Ponte ポーチ色々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主にフランスやイタリアの生地で小物入れに役立つポーチの数々です。

各がま口やポーチのファスナーの中にはカードを入れるポケットが付いています。

バッグインバッグのための小物入れとしても・・・。

 

ピッコロ ポンテ 2WAYショルダーバッグ

こちらは、以前にもご紹介しました2WAYショルダー

バッグです。リバーシブルと呼んでもいいかもしれません。

 

ご自分の着こなしに合わせて革の方で持つのか?または

ファブリック(布)の方で持つのかTPOに合わせて使い分けが

できます。

*スマホ用のポケットやファスナー付きのキーポケット等

重宝しそうですね。

 

 

*革の色やファブリック(布)または多少のサイズのリクエストにも可能な限り

お答えしたいと思っております。お問い合わせは(担当)ミヤジまで。

 

また、来月にはカーテンファブリックスの新柄サンプルも入荷してまいります。

ご期待下さい。

初冬の頃、いかがおすごしでしょうか? またクリスマスシーズンがやってきました。

今年も、、、あと1か月ですね。こんな寒い時にこそ、、、暖かい気候の空と大地と

プロヴァンス・・・というこじつけで今月(12月)のコラムはプロヴァンスプリントの

ご紹介です。

*先日、フランスよりプロヴァンスプリントが入荷してきました。

フランスからプロヴァンスプリント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、以前に比べるとプロヴァンス風住宅やプロヴァンス雑貨等の話題が少ないように

思いますが、、、。入荷したプロヴァンス生地を見ていますと、何故だかポカポカしてくるのは

気のせいでしょうか?!

プロヴァンス オリーブOR

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロヴァンス オリーブIV

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*特に上のオリーヴをあしらったイエロー&レッド(オレンジ)の色彩は、南仏の大地や

燦々と降り注ぐ太陽の暖かさやエネルギーが伝わってきますね!

 

冬にするカーテンの模様替えは、こんなプロヴァンスプリントでもオシャレかも

しれませんね。

参考に、原産国:フランス  素材:綿100%  生地幅:160cm

しっかりと仕立てる場合は(薄手のコットンプリントなので)綿裏地をお付けになると

良いと思います。

 

是非一度 カーサデコショールームへお立ち寄りくださいませ。

 

 

朝夕めっきり寒くなり紅葉の季節がやってきました。地元の「香嵐渓」(愛知県の紅葉の名所)

はまだ、少し早いでしょうか?・・・そんな、こんなで・・・早いもので今年もあと2ヶ月です。

 

さて、今月のコラムは 以前にもご紹介した「調光型ロールスクリーン」のご紹介です。

TOSO ビジック 閉TOSOビジック 開

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記は、TOSOのビジックというロールスクリーンでブルーと透明の生地が交互に連なっているもので

チェーンを少しずらすと(右側)透明な部分が重なり、また少しずらすと不透明なブルーが前後で重なる

というしろものです。

*このタイプのロールスクリーンは各ブラインドメーカーも出していて、タチカワ(デュオレ)やニチベイ

(レユール)です。製作可能幅はタチカワが一番広く対応していてW幅2300までOK!他はW2000までです。

FUGA 閉まったところFUGA 一番下で開けたところ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記は、ハンターダグラス社のシルエットシェードに似ていますが、「FUGA」という3D調光スクリーンです。

左側は、一番下まで下げたところ。右はそれを少し戻して透明感を出したところ。非常にシャープなすっきりと

した感じです。

FUGA 透明のまま上げるFUGA梱包ケース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記 左側のFUGAは、透明な状態で下から約1mくらいまで逆巻きが可能なのです。この機能はFUGAのみに

あります。ヘッドレールもシャープで3Dの生地サンプルも豊富です。

右側は、FUGAの梱包ケースです。ちょっと積み上げづらいですが・・・荷崩れを起こしません。

*価格や生地サンプルの種類、メカのシンプルさを総合判断すると・・・「FUGA」がおすすめです。

 

このタイプの商品もブラインドメーカー各社出しています。ニチベイ(ha・na・riはなり)TOSO(ラクーシュ)

などです。

ただし、メンテナンスは掃除機で吸引したりブロアータイプの掃除機で吹き飛ばしたりしないとダメな場合が

あります。

 

皆様、窓周りのご相談は経験豊富なカーサデコ専門スタッフにご予約の上ご来店下さいませ。

 

ご来店お待ちしております。

初秋のころ、いかがお過ごしでしょうか?

今年は、台風の当たり年のようで・・・また来ています。😢

7月~8月に比べればいくぶん気温は下がったように思いますが

まだ、湿度は高めです。体調管理には十分お気をつけくださいませ。

 

さて、今月のコラムは、オランダの高級ファブリックブランド

「KOBE interior design」のコレクションのご紹介です。このブランドは

わりと取扱店が少なくパターンブックを持っているお店も少ないとのこと。

WHITE

 

こちらのコレクションは、ジュエリーのような

光沢があるベルベットを中心にシワ加工を施した

白いレースやオパール加工のレースが美しい。

タイトルは、「WHITE」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に

ELEGANCEElegance カラーパレット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのタイトルは「ELEGANCE」で、ベルベットプリントを中心に無地や小紋調のジャガードなどをうまくコーディネートできるようにコレクションされています。

 

 

 

 

 

*価格は生地幅の違いはございますが1m当たり¥20.000-~¥30.000くらいがボリュームゾーンです。

 

尚、この「KOBE」コレクションは一部“五洋インテックス”様のインハウスの見本帳に入れられております。

 

ご興味のある方は、是非カーサデコショールームまでお立ち寄りください。尚、詳しいご説明や打ち合わせを

お望みの方は、カーサデコ(ミヤジ)まで来店予約をお願いできると幸いです。

(急な用事でスタッフが不在の時もありますので・・・。)

晩夏の頃、蝉しぐれが激しく暑さもまだまだ続いておりますが

いかがお過ごしでしょうか?8月5(日)~高校野球(甲子園)も

始まりますね。

(7月は、なんと暑かったことか!体温よりも熱いなんて・・・。)

夏のカーテンの取り付け現場は、熱中症との戦いなのです。

 

さて、今月のコラムはフランスから入荷したニューコレクションのご案内です・

30276 DIANE

 

写真左は、モチーフも色使いもアンティークさが半端ないコレクションで

狩りの女神“ディアナ”(ルーブル美術館展示有り)をイメージした

C100%のプリントで4色展開です。

 

写真右は、バラとギリシャ神話をモチーフにしたC85%+Li15%のプリントです。

“IDYLLE”というタイトルはフランス語で「牧歌・田園詩」という意味

らしいが、かつて香水の「ゲラン」から{ギリシャ神話におけるゼウスと

ダエナの美しいラブストーリーが秘められたIdylle(純愛の意味もある)という

名の香水を発売している。}

 

 

 

 

 

30320Fete30321Bouquet

 

写真の紺色のプリントは、3色展開のお花のブーケのコレクション。

 

また、右側のコットンプリントは「fete champetre」というタイトルで

地方に集まるお祭りのような園遊会(仏)の意味らしい。

(*カーテンにするには生地厚が薄いので裏地を付けることを

お勧めします。)

 

 

 

 

 

 

 

Soprano-Tenor-Kira

 

最後のこの2つのコレクションは、生地重量が重い!椅子張りです。

 

お手にとってご覧頂かないと分かり辛いですがベルベットパイルの色と

その基布の色が違って打ち込まれていて、見る角度によっては

全然違う表情なのです。・・・これは、是非ご来店いただき

触って見てほしいですね。

 

ちなみに、タイトルは「soprano」ソプラノや「tenor」テノールなど音楽(声楽)

用語がついていました。声量がありそうな生地の目付量(重い)です。

 

 

 

 

8月のお盆前には、スペインやフランスから新柄の吊りサンプルが入荷いたします。

お楽しみに!  皆様!まだまだ暑い日が続きますのでお体ご自愛くださいませ。

 

ちなみに、カーサデコのお盆休みは8月13(月)~8月19(日)まででございます。

蒸し暑い日が続いていますが、TVではワールドカップ-ロシア大会が

さらに熱いです!8年ぶりでしょうーか?ワールドカップで日本が1次リーグ

(ベスト16)を突破したのは?

 

このブログをご覧いただいた翌日には(7月2日の夜中)FIFAランク3位の

ベルギーとの熱戦が繰り広げられ・・・。ドキドキ💦ワクワク😓です。

 

さて、今月のコラムは、フランス(パリ)からの新柄コレクションの

ご紹介です。

THEVENON 新柄1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左からMILANO:140cm幅 P 100%で10色展開です。ベロア調でとってもやわらかく

しなやかな・・・ドレープにお勧めです。

中央MAGNIFIQUE:140cm幅 P100%で4色展開です。日本の“青海波”を思わせるような

デザインです。因みに、フランス語でmagnifiqueは「壮大な」とか「すばらしい」という

意味のようです。

右 DOUBLE VUE:140cm幅 P55% C45%で3色展開です。光と影のような二光景を現す

幾何学デザインです。椅子張りやカバー地、袋ものなどにおすすめです。

THEVENON 新柄2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左からSERPENTI(蛇)とTIGRE(虎)の組み合わせで、いずれも140cm幅

P100%ジャガードで光沢糸が魅惑的です。

中央ITALIANO:138cm幅 P47% VI(レーヨン)43% C10% 生地重量が630g/㎡

と肉厚で丈夫な椅子張りに・・・。

右ANGORA(ダマスク柄)とMOLITOR(ドット)の組み合わせで138cm幅 P100%

ツヤ感のあるジャガードでドレープカーテンにどうぞ。

 

来月には、スペインからジャガードプリントの新柄が入荷予定です!

 

お時間のある方、ご新築や模様替えのご予定のある方は是非カーサデコ

ショールームへお立ち寄りください。詳しいお打ち合わせをご希望の方は

来店予約をして頂けると、詳しいスタッフが待機させていただきます。

紫陽花の花が咲く頃になりましたが、皆様いかがお過ごしですか?

6月と聞くと「ジューンブライド6月の花嫁」という言葉以外あまり

良いイメージの言葉が見つかりません。

梅雨でうっとうしい・・・。湿度が高い💦不快な・・・てなことですが

今年は、ロシアワールドカップ(サッカーの世界的な大会)が6月14(木)から

はじまるため・・・ちょっとワクワクしています。

 

まあ、そんなことより、今月のコラムは輸入の装飾アイアンレールについてです。

その他アイアンレールその他アイアンレール断面

 

 

 

 

 

 

 

グローサ28正面グローサ28断面

 

 

 

 

 

 

 

 

*従来の輸入のアイアン系装飾レールは、レール(ポール)の長さがだいたい2mと3mで

取付ブラケット(レールを受ける部材)の壁からの距離が80mmシングルで離れ、ダブルではさらに

80mm壁から離れる。

*少し、マニアックな話ではあるが施工までしっかり完璧にやりたい私としては・・・

この壁からの出幅やブラケットのレール押さえがない輸入レールに不満を覚えるので・・・。

 

今回のコラムはそんな業界の方へ・・・「こんな工夫をしてますよ!」というのをupアップ

しますね。

クラシコ28 シングル通常シングル

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、現在、流通しているTOSO(トーソー)の輸入レールでクラシコ28(ドイツ)のブラケットです。

このレールにカーテンの(厚手)ドレープを吊って、壁との間にレースカーテンを吊りたい場合が

結構ある。そんな場合は・・・。

30mmスペーサー付側面30mmスペーサー付正面スペーサーとクラシコ28シングル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、壁からの出幅を調整するために30mmの厚みでスペーサーを自作したもので

アイアンの色がアンティークホワイトなのでマットホワイトにて木材(ブナ)加工後塗装

しています。

 

六角穴ビス止め加工

 

 

 

 

 

 

 

さらに、画像で見えるかどうか分かりませんが・・・レールを左右からジョイントのため

固定(押さえる必要)するビス穴が開いていないので・・・正面に2か所・六角穴付き止めネジを

別注制作しています。いかがでしょうか?

 

*レールメーカーのTOSO(トーソー)さんには、国内で本格的なアイアン系装飾レールを開発・・・。

または、ヨーロッパからの輸入レールを日本用にサイズ感を調整していただけるともっと

ウィンドトリートメントに幅が出て、使用するカーテンファブリックスのグレードに良い影響を

与えられると思います。

 

ちょっと、マニアックでしたか?

*ちょっとノーブルな質の良いカーテンを(カーテンボックスではなく)装飾レールで吊ろうと

すると・・・(こんな工夫をしないと)カーテンに見合うレールがないのが実情です。

 

カーサデコでは、上等で質の良いカーテンを空間にマッチした状態で施工することを心掛けて

います。オーダーカーテンのご相談は、ご予約の上(ミヤジまで)ご来店くださいませ。

新緑の頃、日はうらら空は青く

短い期間ではありますが、過ごしやすい季節ですね。

 

さて、今月のコラムは ちょっと懐かしいビンテージものの

ハギレ等のご紹介です。

6084 綿100%リバティプリント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのリバティプリントは、今から約13~14年前に日本でライセンスによる

制作をしたものです。

 

6084 C100%6085 C100%6087 綿100%6088 綿100%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも、ロイヤルウースターのハギレも・・・あります。

6102 綿50%P50%ロイヤルウースター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6099 綿50%P50%6107 綿100%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リバティのプリントは生地の上下が縫製されているため

すぐにでも小さなテーブルクロスになります。

サイズは、だいたい幅126cm×長さ100cmです。

(お好きな方は、当カーサデコショップにてご確認くださいね。)

ゴールデンウィーク後に店頭ワゴンに並ぶ予定です。